ついに始まったマイナンバー制度。始まったはいいもの、まだイマイチ分からない―、そんな方も多いのではないでしょうか?

しかも、個人に対する情報はwebサイトを始め、情報提供されていますが、企業を始めとする事業者に関する情報はそこまで広がっていません。

よく言われることに、マイナンバーを取り扱うにあたって、就業規則作成や変更をしなければいけないんじゃない?というものがありますが、この点はどうなんでしょうか?

マイナンバー制度を事業者が活用する場合には、その利用目的を出来る限り特定しなければならない―、と決められています。

さらに、当初の利用目的を逸脱して、違う目的のために活用するためには、本人に知らせる必要があるとされているのです。その方法は、『書類の提示のほか社内LANにおける通知、就業規則により特定・通知』とされています。

つまり、必ずしも就業規則を変更する必要はないわけです。ただし、マイナンバーを取り扱うのであれば、個人番号の提供を受けたり、マイナンバーを取り扱う従業員がいるわけですから、しっかりと規則に記載した方が良いのは言うまでもないでしょう。

消費者金融の債務と時効

変な話なのですが、一定期間まったく返済しないと、債務には時効があるので借金はチャラになるのです。
しかし故意にこの方法を使うのは、人間としてお勧めできません。

しかし返済したつもり、もしくは引越しなどで全く連絡が不通になって、後々、消費者金融から膨大な利子と共に請求が来たという場合があります。
消費者金融の債務の有効期限は5年です。
もし5年以上返済一切返済していないのなら消費者金融が何と言ってこようと支払う義務はありません。
しかし手続きが必要です。

時効の援用」という法的手段を使う必要があるのです。

5年以上経ったのに突然請求をしてきた消費者金融に対して文章で「時効の援用」を送りつけます。
大抵の場合はこれでもう請求してくることはありません。

しかし誰でも故意にこの方法を使われたら消費者金融も商売上がったりなので、やはり彼らも法的手段をとっている場合があります。
それは「時効の中断」というもの。

借金逃れで行方をくらました債務者に対して「時効を中断させてくれ」裁判所に求める方法です。
裁判所も認めると時効の中断が成立するのです。

その場合は返済しなくてはいけません。

英会話はこんな人は要注意

学生時代は単純に文法や英単語を覚えて読み書き出来れば何とかなっていたかも知れませんが、社会人になるとそうもいきません。
場合によっては、読み書きよりも聞き取りや会話能力が重視されることもあります。

そのため、社会に出てから英会話スキルを上げるためにスクールに通うと言う人も多いです。

数ある英会話学習法の中でも、おすすめは「英会話スカイプ」になります。
スカイプ通話用のマイクと、インターネットに繋げることが出来、マイクロソフト社の無料オンライン通話サービス「スカイプ」をインストールしたパソコンさえあれば、それだけで準備はオッケー。

あとはスクールさえ決めれば、「英会話スカイプ」を開始することが出来ます。

しかし、「英会話スカイプ」は確かに手軽ですが、残念ながら全ての人に向いていると言うわけではありません。
外国人の講師の中には日本語が分からない人も少なくないので、英語がまるで喋れないと言う人にはあまり向かないでしょう。

顧客満足度調査と調査会社

最近、様々な企業がアフターケアやサービス、商品の内容など様々な分野で顧客満足度調査第一位などPRする企業が増えています。
企業がただ単に商品を作り、販売するのではなく、お客様第一主義、お客様最優先のことを訴える企業が増えてきています。

生産性、効率性重視からお客様満足度重要にシフトされているのです。ライフスタイルの変化や時代の変化もあり物を作っても売れない、どうやったら消費者に響くのか、それは常にお客様最優先で物を作り上げて、販売ひなければなりません。

そのお客様がどれだけその商品、サービスや対して、満足しているのか、何が足りないのかを表したものが顧客満足度調査です。

様々な調査会社が様々商品やサービスや対して調査を行っています。商品購入者に対して、使いやすさや、この商品をリピートしめ買い続けるのかなど様々な質問があり、総合的に判断して調査結果をまとめています。

今の時代、消費者の心を掴む商品、サービスが何なのか、どんなものなのかを知る指標の一つです。

シャチハタのネームペンで事務作業をスムーズに

書類を書いて最後に捺印をするという事務作業は、社会人なら必ず経験していると思います。

でも、それが何枚も続いたりすると、ペンをおいて判子をとりだして朱肉をつけて…という作業でも意外と時間をとられたりするんですよね。もっとスムーズに、もっとスマートに作業をしたい。そんな思いを持つ人のための商品があります。

それは、シャチハタが開発したネームペンです。

ペンとネーム印を合体させたこのネームペンはデザインも豊富で、一本あれば重宝します。日常的に使うものですから、ペンの書きごこちにもこだわって作られています。

もちろんシャチハタの判子を使っていますから、判子の品質も文句なしです。ペン、ネーム印ともに、替え芯とインクの補充が別売りされているので、長く使えるのもうれしいところ。

お値段は1000円台のものから一万円をこえるものまであり、普段使いの自分用だけでなく、大切な人へのプレゼントとしても最適です。自分だけの一本に必ず出会えるシャチハタのネームペンで、より快適な仕事の時間をつくることができるはずです。

風呂敷といえば古臭いというイメージを持っている人もいるようですが、最近では洋式の家でも一室を和室にしたり、和のものを好んで集めたりしているという人も少なくありません。

また慶事や弔事などで風呂敷を使うこともあるでしょう。
慶事や弔事などでは風呂敷という言葉よりも袱紗(ふくさ)という言葉のほうが聞き慣れているかもしれませんね。

こうした慶事弔事で使用する風呂敷のカラーは緑色が良いとされています。
紫色のものを使用しても問題ありませんが、より和を感じる色として緑色に人気があります。
今年から社会人として働き始めたという人は、名入れされた風呂敷を購入してはいかがでしょうか。
いざというときに名入れが施された風呂敷を一つ持っていると大変重宝するでしょう。

名入れの方法としてはお店によって異なりますが、通常はペンテックスと呼ばれる型染め方法で行われます。
他にも本染めや抜き染めと呼ばれる方法で行うところもありますが、予算と相談しながら決めていくと良いでしょう。

ホームページを作成していると、文章やコンテンツの説明などが長くなってしまい、ページ全体が縦長になってしまった、ということはありませんか?

ホームページのデザインにもよりますが、大抵の場合、ホームページ内を移動するメニューはページ上部に設置してあることが多いと思います。
その場合、ページを見終わって先頭に戻りたいと思ったとき、いちいちスクロールバーを使って上まで戻るのは大変ですし、ユーザーにとっても使いやすいページとはいえません。

また、新規訪問ユーザーの場合、興味のあるページ下まで軽く目を通し、ページ最下部まできてリンクの挿入が無いと、他のページに飛んでしまうという人が多いようです。
そうなると、せっかくホームページ内に沢山のコンテンツを作っても、離脱率が高くなってしまうため、他ページへのリンクをクリックする機会が極端に減ってしまうため、閲覧率も下がってしまうのです。

では、肝心の方法は、というといたって簡単です。
ページのHTML上部にを入れておき、ページ下に置く表示させたいところへのリンクは<a>○○</a>を入れればOKです。
○○の部分には、「ここからページの最初にいけますよ」ということが分かりやすいような言葉を入れておきましょう。

ホームページの離脱率を低くするためにも、ほぼすべてのページに、メニュー表示が見えやすいページ上部へ戻リンクの挿入をおすすめします。